中文版  English

  2019年、天津開発区は京東集団と提携し、それぞれの優れる資源を整合し、「京東カップ」2019第六回泰達創新創業挑戦コンテストを開催する。コンテストは実体経済の創新創業サービスを全体要求として、先頭企業、科学研究機構、高校院所、創新プラットフォームなどの優位資源を積極的に整合し、企業の需要と技術成果をコミュニケーションし、創業者の創造活力と創新創業の熱情を呼び起こし、コンテストは通年を貫き、「永遠に続く創新コンテスト」を作る。


  コンテストは新しい情報技術、インテリジェント設備、省エネ環境保護、生物医薬などの重点産業分野をめぐり、技術需要がある企業を募集しコンテストの出題機構として、技術の特徴が強く、社会効果が高く、展示効果が優れ、成果を期待できる技術需要を選んでコンテストのテーマとする。技術需要に対して、全世界範囲で創新能力、成功事例の技術の所持者を募集し、技術の需要者へ需要の解決案を提供する。




通年のコンテストは二つの段階に分ける。第一段階: 2019年4月-6月、第二段階:2019年7月至11月。
第一段階のコンテストは下記のコンテストの一環を含む:

1. コンテストの開始及び発表

  コンテストは4月の初め、中国の国内及び海外で同期開始し、第一段階のコンテストテーマを発表し、コンテストの申し込みシステムが開始する。

2019年4月の初め

2. コンテストの宣伝と申し込み

  コンテスト委員会は、国内外に向け、オンライン・オフラインの資源ルートを利用し、コンテストに対して宣伝し普及する。この間、参加者はいつでもコンテスト専用の申し込みルートを通じ、申し込みシステムに入って申し込むことができる。

2019年4月の初め~2019年5月の月末

3. 資格の初回審査及び予選

  コンテスト委員は成功し申し込んだ、需要の解決案を提出した参加チームに対して資格の初回審査を行う。初回審査に通過した参加作品に対して、コンテスト委員会は企業代表、業界の専門家、投資機構の代表を組織し、専門家審査委員チームを成立し、コンテストの審査規則により、参加作品に対して評議する。すべてのテーマのランキングトップ5位、合格点数に達するチームは最終の決勝に入られる。

2019年4月の初め~2019年6月

4. 初戦の締切日及び入選リスト

  方案提出期限:2019年5月31日;決勝入選リストの発表時間は2019年6月上旬です。

2019年4月の初め~2019年5月の月末

5. 段階決勝及び授賞式

  決勝に昇進するチームは、コンテスト委員会の要求により、選択した需要の解決案を展示し、コンテスト委員は専門家を招請し、参加チームが提出した需要の解決案に対して、コンテストテーマにより、チームを分けて検討・審査し、すべてのコンテストテーマの実際需要に従い、コンテストテーマの採点細則を制定し、五つの決勝チームに対して採点・ランキングし、コンテストテーマの最終順位を決める。コンテストの授賞式は、技術の達成効果に対して集中し展示する。

2019年6月中旬